www.villejuifpoursegolene.info
クルマを所有しているあなたであればご存知だとは思いますが、自動車税というものを支払う義務があります。そしてこの税金は、自動車の買い取りの際に一般に還ってくる税金なのです。実際、実行してみたら簡単に頭に入ってきますが、一から順を追って簡単に紹介していきます。説明をするとすれば、国内で生産されているクルマのみが対象ではなくイタリア車などでも自動車税が戻ってくる対象に決まってます。これは愛車についてもそうですね。自動車税はクルマのオーナーが払わなければいけないお金なのですが、この金額はクルマの排気量の大きさで決定されます。1リッター以下ならば29500円1リッターより上で1.5リッター以下までが34500円。これからは500ccずつ5000円ずつ増加していきます。それから自動車税は4月1日時点の所有者が来年3月までの自動車税を払うように定められています。先払いになるということですからもちろん愛車を売却して所有権がなくなったケースは前払いした分の税は還付されるんですね。税は事前納付でその年度の全額を支払いますのでその年度内に愛車を売った場合は、新しい所有者が税金を支払わなければいけないのです。買取先が買取専門店なら、売却時に所有者が支払いすぎたお金を返還してくれます。要は所有権が移った日より後の税金は新しい所有権を持った人が納税義務を負います。もし10月に車を買い取ってもらった時は11月以降翌年3月中までの払ったお金は還付されます。それは、繰り返しになりますが自動車税の場合は一年分を前払いしているという決まりから来ています。要は売却者は買い取った相手に税を返してもらうということなのです。個人間で自動車を売買する場合、意外にこのような重要な事実に気付かない方が多くいるためしっかり確認をとるようにしましょう。自動車税という税金は車の売却で戻ってくるということを意外と知られていないからと言って、それを言わない業者も存在します。自分から返金に関して話を切り出さなければ全くそのことには触れないということも結構見受けられます。なのでクルマの売却をする際には、払いすぎた税金が返金されるのかどうかを確認することを怠らないようにする必要があります。