www.villejuifpoursegolene.info
自動車重量税、通称重量税というものは、国内メーカーの自動車あるいは輸入車というような自動車の生産している国やプラグインハイブリッド車、クーペという車の形に関係なくスバルやBMW、等でも同じように納めることが必要な税金なんです。新車を登録するさい、あるいは車検の時に払わなければいけないものなのです。この金額はそれぞれのクルマのウエート毎に決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全然別の税なので、勘違いしないようにする必要があります。「自動車重量税は自動車の大きさによって」「自動車税というものは自動車の総排気量により」その額が変わります。それで買い取りの時の扱われ方異なってきますし注意しましょう。中古車の売却のときには支払い済みの税額がいくらあっても、その税額が還付されるということはないです。一方、自動車税でしたら、支払い済みの残存税額を査定額に上乗せしてくれるといったケースがなくはないですが重量税については上乗せしてくれるということはほとんどないのです。重量税については車を売るときに既に支払った額が残っているからと言って中古車専門店にてそれが材料になる場合はほとんどないと思います。なので次の支払い、要は車検まで処分を少し待ち売却をするという方法が一番良いでしょう。中古車の引き取り時は考慮されない重量税でもある場合では還ってくることがあります。このケースは、車検期間が残ったままのクルマを廃車処理する場合。というのは、廃車登録をした際に、残っている期間に応じた額が還付されます。ただ、自動車売却の際はその中古車が廃車されるのとは違うので返金されません。それから手放す自動車の名義を変更したケースや盗難にあったケースなども返還してもらうことはできません。重量税が残っている車を手放すことは要は車検がまだあるクルマです。そのことを買取店も配慮しますから自動車重量税が残存していればそこそこ売却額が上がると思います。勿論、査定額は店舗により違ってきますが車検期間が残っていることを計算に入れてもらえば売却する自動車の買取金額と比較するとそれほど払い損ということもありません。